抗真菌薬ニゾラールの使用上の注意点

ニゾラールは白癬やカンジダ症の治療に用いられる抗真菌薬です。一般には軟膏の形で使用されますが、ローションになった製品もあります。白癬菌などの真菌はカビの仲間で、人間の皮膚に感染すると痒みや水ぶくれを引き起こします。ニゾラールは真菌に対して強い殺菌作用を持ち、人間の細胞には害を及ぼさないため、刺激が比較的少ないという特徴があります。広い範囲に塗布すること、治りかけても途中でやめないことがポイントです。
ニゾラールは脂漏性皮膚炎の治療に使われることもあります。脂漏性皮膚炎は皮膚に赤いポツポツができる病気で、顔だけでなく背中や腕に見られることもあります。皮脂の分泌が多い場所に好発するため、ニキビと勘違いしやすいのが特徴です。しかしニキビはアクネ菌などの細菌が原因となるのに対して、脂漏性皮膚炎は真菌が原因とされています。ですからニキビ薬では治らず、かえって悪化してしまうことがあります。
もともと皮膚の表面には、数多くの常在菌が住みついて、バランスを保っています。殺菌作用の強いニキビ薬を使うと、バランスが崩れて真菌が繁殖する可能性があります。これが脂漏性皮膚炎の原因になります。逆に抗真菌薬を多用すると、脂漏性皮膚炎の症状は改善しますが、真菌が減って細菌が増えるため、ニキビが悪化することもあります。
ニゾラールを通信販売で入手するときの注意点として、症状が改善しない場合は使用を中止し、医師の診察を受けることが挙げられます。皮膚炎の原因が異なれば、有効な薬も異なり、逆効果になる場合があります。副作用の少ない塗り薬ですが、使いすぎには注意するとともに、こまめな洗顔など適切なスキンケアに気を配ることも大切です。

ページトップへ