ニゾラールに水虫、カンジダ効果があるのはどっち

ニゾラールは抗真菌薬のひとつで、ケトコナゾールを有効成分にしたイミダゾール系の医薬品です。抗真菌薬には作用機序によってキャンディン系やポリエン系、アゾール系に分けられますが、ニゾラールはアゾール系のイミダゾール系に分類されます。イミダゾール系の特徴は、真菌の細胞膜となるエルゴステロールの生合成を阻害する働きを持ち、細胞膜そのものを作らせないことで正常な増殖を行わせないことで殺菌的な作用を示します。ケトコナゾールは様々な菌種に対応していて、水虫の原因となる白癬菌、カンジダ菌、マラセチア菌など複数で、いわゆる抗菌スペクトルの広い成分となります。そのため、特にこれに強いといったものがなく、真菌による皮膚症状のほとんどに対応します。ニゾラールには内服薬が存在せず、剤形としてはクリーム、ローション、スプレーから髪を洗うためのシャンプーや石鹸など、皮膚症状に対して有効的と思われる色々なものに使用されています。一般用医薬品で販売されていることから、水虫の治療薬として普及していますが、水虫だけに効果があるというわけではありません。マラセチア菌にも有効なことから、シャンプーや石鹸で使用すれば頭皮のフケの原因ともなる脂漏性皮膚炎の治療にも使用することができます。逆に言えば、脂漏性皮膚炎に使用できる抗真菌薬は少ないため、ニゾラールが如何に優れた治療薬であるか分かるでしょう。イミダゾール系の抗真菌薬は皮膚への刺激性も少なく、飲み薬として使用することはないので、重度の副作用の心配もありません。ニゾラールはどの剤形でも安全に使用できるため、真菌による皮膚症状のほとんどで治療に用いられるようになっています。

ページトップへ