ニゾラールとサンダルと比較サイトについて

日本は湿気が多い国なので、水虫に悩む人も少なくないです。
水虫は、真菌によって感染する皮膚病で、原因となる真菌は、白癬菌と呼ばれます。
白癬菌が付いても、すぐに感染するわけではなく、同じ靴を長時間履いて足が蒸れると水虫を発症しやすくなります。
水虫の初期症状のひとつが、かゆみです。
白癬菌が角質から侵入し、異物に対する化学伝達物質が出てくると、神経が刺激を受けてかゆみが起こります。
かゆみの症状が進行すると、水ぶくれが足の裏側や側面に現れます。
小さな水ぶくれは、大きくなることもあります。
水虫は、適切な治療を受ければ治る病気なので、水虫の初期症状に気付いたら、早めに治療を行うことが大事です。
また、会社ではサンダルを履くなどして、足が蒸れないように気を付ける必要もあります。
常に足を乾燥させることで、水虫になりにくい環境を作ります。
水虫の薬には、外用薬と内服薬があります。
日本では、外用薬が使われることが多いです。
最近は、優れた抗真菌剤も登場しています。
水虫に使われる外用薬には、クリームタイプやスプレータイプ、液体タイプなどがあります。
よく使われるのはクリームタイプです。
クリームタイプは、有効成分が浸透しやすいのです。
クリームタイプは、患部に広く薄く塗ります。
軽い症状の場合、市販薬を使う人も多いです。
各メーカーから、様々な水虫の治療薬が販売されていますが、比較サイトなどを利用すると購入の参考になります。
水虫の薬では、ニゾラールクリームが有名です。
ニゾラールクリームの成分は、ケトコナゾールです。
イミダゾール系の抗真菌薬で、強力な抗真菌作用があります。
ニゾラールクリームは、カンジダ症や脂漏性皮膚炎の治療にも使われます。
使いすぎると皮膚が荒れることがあるので、医師に指示された通りの使用回数を守ることが大事です。

ページトップへ