その皮膚の異常は真菌が原因でニゾラールが解決する

足の指にできる皮膚トラブルとして水虫は有名であり、カビである真菌が引き起こしています。真菌が引き起こすのは何も足の指だけではありません。腋や股、性器まで及ぶことがあります。なかには頭皮ニキビとして知られていますが、普通のニキビではなく、真菌が原因となって引き起こしているケースもあります。ニキビ専用の医薬品を頭皮に塗布しても、効果はありません。皮膚トラブルの異常は真菌が引き起こしていることも視野に入れておくべきです。

真菌が原因であればニゾラールがあります。一般的な用途としては、クリームが良く使われています。患部に塗ることで殺菌し、真菌の活動を抑えてくれて改善します。炎症が起きている場合は、ニゾラールだけではなく、ステロイド等の抗炎症剤を一緒に使うことが多いです。ただ原因となっている菌は大変しぶとく、長期間の治療が必要になることも多いですので、医師の指示通りに医薬品を使うようにしましょう。また使い方は広く、塗りこむことが大切です。悪化している患部だけではなく、他にも浸食をしており、深く入り込んでいることもあります。

頭皮の場合は、ニゾラールが配合されたシャンプーを使うことがあります。頭髪があることで一度症状が悪化してしまうと、改善が難しいのが頭皮湿疹です。頭皮に居座る真菌を退治するシャンプーですが、毎日使用するのではなく、1週間2度ほど使うのが適しています。症状が改善していけば1週間に1回といった頻度にしても良いです。ニゾラール自体が強い医薬品ですので、指示通りに使うようにしましょう。また頭皮湿疹の場合は、真菌が皮脂を好物にしていますので、皮脂を抑えることも対策になります。体質の改善も図るようにしてください。

ページトップへ