ニゾラールの主成分について

水虫やカンジダ症、たむし、癜風といった症状を治療するために使用されるニゾラールは、カビの仲間である真菌に対して殺菌的な作用を示す医薬品です。主に塗り薬として用いられ、主成分をケトコナゾールとしてアゾール系の中でイミダゾール系の抗真菌薬に分類されます。抗真菌薬はキャンディン系、トリアゾール系など作用機序によって複数の系統に分かれていますが、イミダゾール系は真菌による感染症の主流の治療薬となっていて、様々な医薬品で使用されています。作用機序は真菌の細胞膜となるエルゴステロールの生合成を阻害する働きがあり、育成を抑制することで殺菌的な作用を示すのがイミダゾール系です。菌種への対応が広いことを抗菌スペクトルが広いと呼びますが、ケトコナゾールはまさにこの種類で、強い抗真菌活性を持つことから医療現場でも人気のある成分となっています。ケトコナゾールを使用した医薬品はクリームやローションといった塗り薬以外にもスプレーなどで市販されていて、さらにシャンプーといったものも存在します。抗菌スペクトルが広いとは言っても、真菌による感染症の多くは水虫であるため、ケトコナゾールも例に漏れず水虫の治療薬で広く利用されています。そのため、水虫の治療薬と勘違いされることも多いですが、皮膚カンジダ症や癜風、たむし、脂漏性皮膚炎といった症状でも効果を発揮します。水虫の治療は完治するのが難しく、市販薬では不可能と思われているところもありますが、イミダゾール系の抗真菌薬は水虫の原因となる白癬菌にもしっかりと対応できるので、時間はかかりますがきちんと治療することによって完治することが可能です。その他の症状も同様に、患部とその周囲に広く塗り、根気よく治療すれば間違いなく真菌を退治してくれます。

▼ニゾラールや他の抗真菌薬は通販で手に入れることが出来ます
医薬品 通販

ページトップへ